2019年(令和元年) 7月度定例会

  出席者 18名(見学者 3名)

 

 パソコンもどうにか調子を戻しつつあります。これから毎日暑い日が続くと思うと

高齢者の私にとっては、大変です。どうこの暑い日を乗り越えていこうかと考えるだけで

汗が吹き出します。

新元号の令和も馴染みが出てきました。皆様は如何でしょうか?

それでは今月のテーマ「新元号令和になった私のこころ構え」です。会員の皆さんはどの

様なこころ構えを持ったのでしょうか。

・体力と気力を持ち、何事にも挑戦。ジージの努めも持ちたい。

・平成天皇を尊敬している。後の人に譲るのは立派だった。

・健康面に留意。・特に考えた事はないが、脳への刺激で他人と話をする、外へ積極的に出かける。

・洗脳から目覚める事。

・自分にとって最後の元号にとなる。ベストからベターの生き方をしたい。

・令和の時代を、大切に生きたい。

・今している事を継続していこうと思っている。

・人生を楽しむ心の余裕を持とう。生活をリズムよく。

・人の迷惑を掛けない様、健康に留意する。

・健康寿命を延ばすことを考えている。

・良い生き方が見つからない。今までどうりに生きていく。

・あと二十年生きたい。レシートを見直し、無駄をなくす。

・あと二年で年金が貰えるので楽しみにいている。

・元気で趣味と魚釣りを85歳くらいまでやっていきたい。

・家族仲良く暮らす。

・令和と云う言葉どうり優しく平和な生活をしていきたい。

・特に変わらないが、相手の気持ちに寄り添う生活。

・より良い制度、慣習を作っていく事が必要であると思う。

・令和は世の中が大きく変わっていく時代だと思う。

。ある文化協会にはいっけギターを弾いている。

これが今月の会員の発表要旨です。来月は夏本番の猛暑です、体調を崩さない様猛暑を

乗り切って下さい。

それでは来月のテーマは「最近一生懸命に取り組んでいる事」です。お楽しみにお待ち

下さい。

 

 

 

2019年(令和元年) 6月度定例会

 出席者 18名(欠席者2名 見学者 2名)

 鬱陶しい梅雨の季節を迎えました。東宝のパソコンの調子が悪く、どうにかパソコン

が使用できるようになりましたが、まだまだ本調子にはなってない様で調子が悪い時に

パソコンをあれこれいじっていた所、削除してはいけないファイル等を削除し復旧が出来なくなり大変な目に合いました。パソコンも便利なようで一つ間違えれば大変な事になる事を身をもって体験しました。お蔭で画像の取り込みがいまいちの為、画像なしでお許しください。さて今月のテーマは「今一度会いたいと思う人」です。

皆さんも、今一度会いたい人が沢山みえると思いますが、如何でしょうか?それでは会員の発表要旨をご覧ください。

・数年前から友人が少なくなってきたが、病院で逢った友人にもう一度会いたい。

・連れ合いに苦労を掛けていたが、お礼も言えずw卓志よりも先に行ってしまった。

・先に母が逝き、父は15年一人でいた。今自分が元気で居る事を報告したい。

・在職中一緒だった友人が30年前に逝ってしまった友人に会いたい。

・人生を大きく変えた高三の時の進路指導の先生にもい一度あいた。

・小学校の退任の先生と中学の英語の担任の先生。

・両親と親友3人。

・若い時に自分に逢って忠告したい。

・両親と会社を退職する時に慰留された専務。

・中学時代の初恋の人。

・亡き父。

・小学校の担任だった、河合先生。

・会社入社時に教えて貰った榊原さん。

・母系の祖母。

・婦人公論に投稿した時知り合った女性。

・今は亡き、両親。

・先立たれた妻。

・両親。

・昔の彼女。両親にアリガトウとゴメン。

・夫婦二人住まい。同窓の人に60年ぶりに会った。

・四日市に来て45年。学生時代の先生。

以上が会員の発表要旨です。

来月には、パソコンも本調子になればと祈っています。

それでは、来月のテーマは「新元号令和になった私の心構え」です。それではお楽しみに

お待ちください。

 

    2019年(令和元年) 4月度定例会

 出席者 17名(欠席者3名)

 

 ようやく春の便りが聞かれますが、当方のパソコンの調子が悪く画像が添付できなくなりました。今月は画像なしで作成あいますのでよろしくお願いします。

今月から新しい元号が令和になり初めてのHPとなります。

ところで今月のテーマは「今までで一番嬉しかった事」です。みなさんはどの様な嬉しい事が有ったのでしょうか?それでは会員の発表要旨です。

・体調を崩したが、早く処置をして歩けるようになった。

・嬉しい事はたくさん有るが、退職して好きな事が自由に出来る様になった。

・マイカーで吸収、関東方面にドライブ旅行、まだまだ元気。

・相撲甚句に凝っており、毎日が感動。

・孫が生まれ、外孫も内孫も可愛い。

・就職試験に合格し結婚、楽しく暮らしている。

・余りに当たらないが単身赴任中に犬と出会い人生に元気を貰った。

・大学進学時、先生のお蔭で合格、マイホーム、結婚、東京生活で地下鉄を乗り回す。

・家内を亡くしたが息子に孫が生まれ元気が出てきた。

・子供が出来、励まされて元気が出てきた。

・一人暮らしであったが、結婚して良かった。

・イチローの生き方、熱中する事を持て。

・東京に住んで、嫁を貰い、最高。

・あらゆることに前向きに。

・友人が抗がん剤使用で苦労して頑張っている姿に感動。

・カメラ好き、市展に投稿、鯨船が入選した。

・弁当はイタチの仕事は難しいが、高齢者に喜んで貰えるのは最高。

以上が会員の発表要旨です。来月のテーマは「マイカーに乗れる幸せ」です。お楽しみに

街下さい。

 2019年(平成31年) 3月度定例会

  出席者 18名(欠席者6名)

 

 

     3月度定例会風景

      

 

 

 ようやくインフルエンザの猛威も低くなり当囲炉裏端の会のメンバーも感染者がすく

なくなりましたが、なかにはのどの声帯を痛めたメンバーもいて大変なことになったそうです。これから先にはイベントが目白押しで大変な季節になりますが、会員も頑張って

イベント参加に努力中です。

今月のテーマは「父母の思い出」です。皆様はお父さん、お母さんの思い出はどの様な

もいでをお持ちでしょうか。それではメンバーの思い出を披露いたします。

・戦地から帰ってきた父は大変苦労して畑仕事の姓を出していた。

・両親は健在であるが、囲炉裏端のメンバーを見ていると元気だなあと思う。

・農家だったので良くは足りていた。資材を丁寧に扱っていた。

・父は喘息持ちだっが死後母が良く働いていた。

・母親の葬儀に多くの人に慕われていたのが分かった。

・母は同居していて、お婆ちゃん子であった。

・父が戦地から帰った時は、服に戦争の臭いがしていた。

・親は、10人の子供を産んで育ててくれた。

・父の葬儀には僧侶が何十人と来てくれた。

・2歳の時に父亡くなったので思い出としてはあまりない。

・父は農家の三男坊で有った。良く働いた。

・子供中心でよく遊んでくれた。父が一人で建材から家を建てた。

・戦前、戦中、戦後を生きてきた父母に感謝したい。他人に迷惑を掛けずに生活できる

  のは父のおかげだと思っている。

・アルミのキャップにセルロイドの小片を詰ロケット遊びをして父親に怒られ阿多。

・父親が米穀店をやっており、明治人間で非常に怖かった。

・父は戦死であったので余り父親の事は知らない。

以上会員の父母の思い出です。この年になって自分の父母の思い出を語り話し合うのも

大変意義深い今月の定例会でした。皆様はどの様なお父さん、お母さんの思い出がおありでしょうか?

それでは来月の定例会は桜のお花見の話が聞けるでしょうか?

来月のテーマは「今までで一番嬉しかった事」です。皆様はどの様な嬉しい事有りましたでしょうか?それでは来月をお楽しみにお待ちください。

 

 2019年(平成31年)2月度定例会

  出席者 14名(欠席者6名)

 

 

2月度定例会風景

 今月はインフルエンザの感染者が多くて出席者が少なかったです。大変さびしい定例会になりましたが、早く全快されることを祈っています。3月には元気な姿で参加されることでしょう。また分科会の「イロリバターズ」も社会福祉施設の「昭和歌謡出前交流会」もインフルエンザが流行しているので1,2月は慰問を中止しました。それでは今月の

テーマ「最近私が感動した事」について会員の発表要旨をご覧ください。

・4人の孫との百人一首が楽しかった。

・孫の運動会に行って、孫の成長が感じられた。

・近所で空き家が多くなり助け合いが必要だと感じた。

・空き家コンサルタントをしている。

・20年余通院している診察方法が大きく変化した。

・スウェーデンと診察の相違が有る。

・歳と共に涙もろくなった。スーパーボランティアの方の姿に感動した。

・小学生の見守り活動が広まった。

・若い時と現在では感動の仕方が異なってきた。

・何もかも感動ばかりだ。

・かかりつけの医者は有り難い。

・インフルエンザの原因で孫が私をかばってくれた。

・孫の成長が楽しみである。

・水墨画の公募に入選した。

以上ですが、まだまだインフルエンザが流行しています、皆様も十分気を付けて乗り切って下さい。それでは来月のテーマは「父母の思い出」です。

居な様も父母の思い出はたくさんあると思います。それでは来月をお楽しみにお待ちください。

 2019年(平成31年) 1月度定例会

     出席者 19名(欠席者1名)

 

 

 

2019年1月度定例会風景

 新しい年が明けて、皆様お変わりなくお過ごしの事と思います。

当囲炉裏端の会員もインフルエンザに感染して大変な目に合っている方が見えます。

今年は平成最後の年となり、次の元号はどの様になるでしょうか?

それでは今月の発表要旨をお読みください。テーマは「家族との間合い、つながりに

ついて」です。それでは会員の発表要旨です。

・家族は戦後主人中心から変化してきた。

・家長制度は必要では?外国ではファミリーの写真が多い。

・料理を通して家族のつながりを強くしている。

・兄弟4人実家へ年4回ほど行っていたが、今は疎遠になっている。

・白内障になったが妻の助けは有り難かった。正月家族が集まって絆を強く感じた。

・夫婦単位の生活をしているが、家族上手く役割分担が出来てい有る。

・夫婦であるが、二心同体でやっている。

・矛盾棒(やり・たて・ぼう)を持って接する。

・家族の範囲は難しい。

・10人兄弟の末っ子。46歳の親父の子で余り喋った事が無い。子供が居ないが

  今が一番幸せ。

・家族とは余り考えてこなかった。役割分担で生きてきた。

・一緒にご飯を食べる事が無い、理想とは程遠い。

・兄弟は離れていて夫婦は少し線が有る。

・夫婦は中性で妻は女性ではない。妻には全面降伏。

・ほとんど間合いは考えてない。

・時々旅行に行っている。正月は子供たちが寄ってくる。

・昔の友人から恋人が出来たと相談が有った。

・隣人が一人になり落ち込んでいる。

以上が会員の発表要旨です。来月のテーマは「最近私が感動した事です」それでは

来月をお楽しみお待ちください。インフルエンザがまだまだ猛威を振るっているようです。皆様もお体を大切に。